福岡大学入試情報サイト

 

MENU

CLOSE

化学科


学部・学科 > 理学部 > 化学科

最先端の装置・設備を用いた、実験重視の教育。
研究開発職に役立つ実践的スキルが獲得できる。

学科のポイント

新たな機能性物質の可能性を探究する「物質化学」。分子レベルから生命のメカニズムを探究する「生命化学」。
今後の発展に大きな期待が寄せられる、これら2つの系を設置し、3年次からの専門研究につなげます。
また重視する基礎実験には、一般化学・有機化学・物理化学・無機分析化学・生物化学・量子化学の6つの実験科目を設定。
最先端の装置・設備を用いた数々の実験を通じて、化学系研究開発職としての実践的スキルを身に付けます。

もっと詳しく(学問の解説・カリキュラムなど)open new window(大学公式サイト)

このような方におすすめ

  • 化学の実験が好き。
  • 生命や物質の源を学びたい。
  • 新しいモノをつくってみたい。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

養成する人材像・教育課程の特色

社会や人々の期待にこたえて、様々な課題に積極的に取り組み解決できる化学技術者を育てることがわれわれの目標です。そのための基礎学力や高度な専門能力を集中して身に付けるよう、カリキュラムを途中で2つに分けています。それらは、分子の構造と物質の機能の関係を学ぶ物質化学系と、有機物質や生体物質を合成・分析する生命化学系です。どの系も社会の変化や科学技術の進化に対応するため、最新の研究成果を取り入れた教育を目指しています。

求める人材像(求める能力)

  • 知識・理解
    高等学校の教育内容を幅広く学習しており、化学を学ぶのに十分な基礎学力を有している人
  • 技能
    実験の結果を的確に解釈し、知識をもとに物事を論理的に説明することができる人
  • 態度・志向性
    日常生活や社会で起こる現象を、化学と結びつけて思考できる人
  • その他の能力・資質
    自己研鑽により、英語の資格を取得した人やスポーツ活動・社会貢献で顕著な成績を収めた人

入学者選抜のねらい

化学科は、自然に関心をもち、学びや諸活動の中で挑戦し続ける意欲あふれる人材や、多様な背景を持ち、さまざまな能力を有する人材を国内外から広く受け入れます。
そのために、これまでに培われた基礎学力、活動や経験を通じて身に付けた能力、資質、学ぶ意欲などを、多面的・総合的に評価する多様な入学試験を実施します。

もっと詳しく(求める人材像・入学試験での評価など)open new window

実施する入試制度

募集人員や、他の学部・学科で実施する入試制度は、入試制度(学部学科別)をご覧ください。

パンフレット

学部ガイド・入試ガイド・大学案内など、パンフレットは大学パンフレットからダウンロードできます。

ミニ講義ビデオ

夢ナビ福岡大学教員によるミニ講座や夢ナビWebでの模擬内容の閲覧のほか、講義ビデオや教員からのメッセージビデオを視聴いただけます。

学問分野紹介コラム

このコラムは学問分野(法学、機械工学、薬学などの◯◯学)と近年話題になったキーワードを関連付けた読み物です。

このような方におすすめ

  • 日々の生活で興味関心のあるものが学問分野とどう関わるのかを知りたい
  • まずは学部・学科のイメージを知りたい

コラムを読んで、詳しく知りたい学問分野や学部・学科ができた方は学科のポイントや、学部ガイド(パンフレット)などをご覧ください。

※コラムを読む前に以下にご注意ください
福岡大学で学べる学問分野をもとにコラムを制作していますが、コラムの内容が実際に福岡大学で学べる内容とは限りません。話題になったキーワードと学問分野の関わりを紹介したコラムとしてご覧ください。

化学×毒・ヒアリ

「毒」は人間社会を支える「薬」にもなり得る!

「毒」は人間社会を支える「薬」にもなり得る!

私たちの身の回りには、「毒」を持つ生物がたくさん存在します。ヘビやフグ、トリカブト…。2017年、日本に上陸して以来、世間を騒がせている特定外来生物の「ヒアリ」もまた、ソレノプシンという強い毒成分を持っています。これらの毒は全て化学物質であり、本来、人体の機能には無関係なもの。このような異物が生体内に入ると細胞膜を破壊したり、特定の酵素の働きを妨げたりすることで、神経伝達やエネルギー代謝を阻害したり、タンパク質を分解させたりと、さまざまな恐ろしい作用を引き起こします。一方で、異物が人体に有益な影響を与えた場合、その化学物質は「薬」になるのです。つまり毒と薬は、生体に何かしらの作用を及ぼす生物活性物質という点では、全く同じものなのです。「化学」では、こうした化学物質を取り出して分子の構造を明らかにし、人にとって有用・無用な物質かを細胞レベルで解明していきます。まだ無数に存在するといわれる化学物質の性質を研究することで、不治の病の治療薬や副作用を抑えた特効薬の開発などが期待されているのです。

 

▽参照元

・『化学物質の形から毒性を予測する』国立環境研究所(PDF)

・「危険な外来生物」東京都環境局HPより


毒・ヒアリに関連するコラム

 

ヒアリの被害とその予防について

興味のあるキーワードから探すに戻る