福岡大学 入試情報サイト

入試情報

入試情報

入試概要

※以下は、平成29年度の入試情報です。平成30年度の入試情報については、決まり次第、お知らせします。

大学入試センター試験利用入試(Ⅱ期)

インターネット出願のみ 複数学科併願可

インターネット出願併願可

> 大学案内デジタルパンフレット(p.194)

「平成29年度大学入試センター試験」における、各学科が指定する教科・科目の総合点で選考します。福岡大学の個別学力試験等はおこないません。

入試要項

インターネット出願のため、入試要項の配布は行いません。

入試要項について

インターネット出願特設サイト

出願資格

『平成29年度大学入試センター試験』において本学が指定する教科・科目を受験し、次のいずれかに該当する者
ただし、「英語の資格・検定試験活用制度」を利用する場合は、「平成29年度大学入試センター試験」における「英語(リスニングを含む)」の受験は必須ではありません。

  1. 高等学校または中等教育学校を卒業した者および平成29年3月卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者および平成29年3月修了見込みの者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および平成29年3月31日までにこれに該当する見込みの者
    • (1)外国において、学校教育における12年の課程を修了した者および平成29年3月31日までに修了見込みの者、またはこれらに準ずる者で文部科学大臣の指定した者
    • (2)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者および平成29年3月31日までに修了見込みの者
    • (3)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者および平成29年3月31日までに修了見込みの者
    • (4)文部科学大臣の指定した者
    • (5)高等学校卒業程度認定試験(旧規程による大学入学資格検定を含む)に合格した者および平成29年3月31日までに合格見込みの者で、平成29年3月31日までに18歳に達する者
    • (6)本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成29年3月31日までに18歳に達する者(希望する者は、事前に本学入学センターに問い合わせること)

なお、過年度の大学入試センター試験の成績は利用できません。

ここに注目!

大学入試センター試験利用入試(Ⅱ期)の併願について

募集学部・学科間で併願することができます。

一般入試(系統別日程)・一般入試(前期日程)・センタープラス型入試・大学入試センター試験利用入試(Ⅰ期)と併願することもできます。

「英語の資格・検定試験活用制度」があります。

※ この入試制度は、センタープラス型入試、大学入試センター試験利用入試(Ⅱ期)とは異なる制度です。

併願について

英語の資格・検定試験活用制度

大学入試センター試験の得点を利用する入試制度において、各種検定試験等の得点・資格を大学入試センター試験の「英語(リスニングテストを含む)」の得点に換算し、合否判定を受けることが可能な制度です。本制度を活用すると大学入試センター試験の「英語(リスニングテストを含む)」を受験する必要はありませんが、受験した場合は、高い方の得点で合否判定を受けることができます。

みなし
得点
ケンブリッジ
英検
英検 GTEC
CBT
IELTS
(Academic)
TEAP
(LRSW)
TOEFL
iBT
TOEFL Junior
Comprehensive
TOEIC/
TOEIC
S&W
満点 160 準1級 1250 5.5 334 72 341 1095
L&R 785~
S&W 310~
8割 140 2級 1000 4.0 226 42 322 790
L&R 550~
S&W 240~

※資格・検定試験は出願資格ではありません。
※スコア・級等は出願する入試の出願締切日から遡って2年以内に受験したものを有効とします。
] ※英検2級については2016年度第1回以降に限ります。ただし、2015年度実施の英検2級一次合格者が一次試験免除で合格した場合は、3技能での合格のため本制度の対象資格とはなりません。

受験できる学部・学科

学部 学科
人文学部 教育・臨床心理学科、ドイツ語学科、フランス語学科
法学部 法律学科、経営法学科
経済学部 経済学科、産業経済学科
商学部 商学科、経営学科、貿易学科
商学部第二部 商学科
理学部 応用数学科、物理科学科、化学科、地球圏科学科、社会数理・情報インスティテュート、ナノサイエンス・インスティテュート
工学部

機械工学科、電気工学科、電子情報工学科、化学システム工学科、社会デザイン工学科、建築学科

医学部 看護学科
薬学部 薬学科
スポーツ科学部 スポーツ科学科、健康運動科学科

選考方法・入試科目

選考方法について

大学入試センター試験の総合点で判定し、福岡大学の個別学力試験等はおこないません。

入試科目・時間・配点

人文学部・法学部・経済学部・商学部・商学部第二部

学科 本学が指定する教科・科目 [●は必須教科・科目 ◇は選択教科・科目] 配点 総点
教科 科目
教育・
臨床心理学科
ドイツ語学科
フランス語学科
法律学科
経営法学科
経済学科
産業経済学科
商学科
経営学科
貿易学科
商学部
第二部
外国語 「英語(リスニングテストを含む)」 (注1) 200 600
国語 「国語」 200
地理歴史
公民
「世界史B」「日本史B」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 (注2)
1教科
1科目
200
数学 「数学I・数学A」「数学II」「数学II・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目 (注3)
理科 「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目
※「基礎を付した科目(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎)」については、2科目の受験で1科目とみなす。
(注4)

・「外国語(英語)」は250点を200点に、「地理歴史、公民」「数学」「理科」は100点を200点に換算します。
・選択教科・科目について2科目以上受験している場合は、注意事項(注2、注3、注4)の条件を適用したうえで、高得点の1教科1科目を採用します。

理学部・工学部

学科 本学が指定する教科・科目 [●は必須教科・科目 ◇は選択教科・科目] 配点 総点
教科 科目
応用数学科
物理科学科
化学科
地球圏科学科
社会数理・情報インスティテュート
ナノサイエンス・インスティテュート
機械工学科
電気工学科
電子情報工学科
化学システム
工学科
社会デザイン
工学科
建築学科
外国語 「英語(リスニングテストを含む)」 (注1)
1教科
1科目
100 500
国語 「国語(近代以降の文章)」
地理歴史
公民
「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 (注2)
数学 「数学I・数学A」 100
「数学II・数学B」 100
理科

<物理科学科、機械工学科、電気工学科>
「物理」

(注5) 200
<化学科>
「化学」
<ナノサイエンス・インスティテュート、電子情報工学科、化学システム工学科、建築学科>
「物理」「化学」から1科目
<社会デザイン工学科>
「物理」「化学」「生物」から1科目
<応用数学科、社会数理・情報インスティテュート、地球圏科学科>
「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目

・「外国語(英語)」は250点を100点に、「理科」は100点を200点に換算します。
・選択教科・科目について2科目以上受験している場合は、注意事項(注1)の条件を適用したうえで、高得点の1教科1科目を採用します。
・「理科(基礎を付していない科目)」を2科目受験している場合は、第1解答科目を採用します。(注4)

医学部

学科 本学が指定する教科・科目 [●は必須教科・科目 ◇は選択教科・科目] 配点 総点
教科 科目
看護学科 外国語 「英語(リスニングテストを含む)」 (注1) 200 600
国語 「国語(近代以降の文章)」
1教科
1科目
200
数学 「数学Ⅰ・数学A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」から1科目 (注3)
理科 「化学」「生物」から1科目 (注5) 200

・「外国語(英語)」は250点を200点に、「国語(近代以降の文章)」「数学」「理科」は100点を200点に換算します。
・選択教科・科目について2科目以上受験している場合は、注意事項(注3)の条件を適用したうえで、高得点の1教科1科目を採用します。
・「理科(基礎を付していない科目)」を2科目受験している場合は、第1解答科目を採用します。(注5)

薬学部

学科 本学が指定する教科・科目 [●は必須教科・科目 ◇は選択教科・科目] 配点 総点
教科 科目
薬学科 外国語 「英語(リスニングテストを含む)」 (注1) 200 600
数学 「数学I・数学A」 100
「数学II・数学B」 100
理科

「物理」「化学」「生物」 から1科目

(注5) 200

・「外国語(英語)」は250点を200点に、「理科」は100点を200点に換算します。
・「理科(基礎を付していない科目)」を2科目受験している場合は、第1解答科目を採用します。(注5)

スポーツ科学部

学科 本学が指定する教科・科目 [●は必須教科・科目 ◇は選択教科・科目] 配点 総点
教科 科目
スポーツ科
健康運動科学科
外国語 「英語(リスニングテストを含む)」 (注1) 200 600
国語 「国語(近代以降の文章)」 200
地理歴史
公民
「世界史B」「日本史B」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 (注2)
1教科
1科目
200
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目 (注3)
理科 「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目
※「基礎を付した科目(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎)」については、2科目の受験で1科目とみなす。
(注4)

・「外国語(英語)」は250点を200点に、「国語(近代以降の文章)」「地理歴史、公民」「数学」「理科」は100点を200点に換算します。
・選択教科・科目について2科目以上受験している場合は、注意事項(注2、注3、注4)の条件を適用したうえで、高得点の1教科1科目を採用します。

大学入試センター試験の成績利用方法に関する注意事項

「外国語(英語)」を指定教科・科目とする学部・学科において、英語の資格・検定試験を活用する場合の成績利用方法は下記の通りとする。

(注1)「英語(リスニングテストを含む)」を受験している場合は、「英語(リスニングテストを含む)」の得点と、英語の資格・検定試験活用制度におけるみなし得点のうち、高い方の得点を採用する。

「理科」において、「基礎を付した科目」とは物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎を指し、「基礎を付していない科目」とは物理・化学・生物・地学を指す。「地理歴史、公民」及び「理科(基礎を付していない科目)」の試験時間において2科目を選択する場合は、解答順に「第1解答科目」及び「第2解答科目」とする。「理科(基礎を付した科目)」については、2科目の受験で1科目とみなす。

「地理歴史、公民」「数学」「理科」を指定教科・科目とする学部・学科において、指定する科目数を超えて受験している場合の成績利用方法は下記の通りとする。

(注2)「地理歴史、公民」を2科目受験している場合は、第1解答科目を採用する。
(注3)「数学」を2科目受験している場合は、高得点の1科目を採用する。
(注4)「理科」において「基礎を付した科目」及び「基礎を付していない科目」を受験している場合は、高得点の1科目を採用する。
「基礎を付していない科目」を2科目受験している場合は、第1解答科目を採用する。
(注5)「理科」において「基礎を付していない科目」を2科目受験している場合は、第1解答科目を採用する。

試験教科・科目・配点

入試スケジュール

出願期間

平成29年1月5日(木)~1月24日(火)

出願方法

インターネット出願

出願方法について

試験日

大学入試センター試験:平成29年1月14日(土)・15日(日)

合格発表日

平成29年2月22日(木)

入学申込金締切日
入学手続締切日

平成29年3月9日(木)

※ 他大学等を併願している人に限り、期日までに入学申込金を納入し、延納願を提出した場合、入学申込金以外の納入と手続書類の提出を3月23日(木)まで延期することができます。

入学検定料

インターネット出願
15,000円

※ 併願する場合、併願が1学科増えるごとにプラス 10,000円の入学検定料が必要です。

併願について