AO入試(商学部・商学部第二部)


募集人員

収容定員の変更に伴う各学部の平成30年度入試制度別募集人員の変更について(2017.07.12)

学部 学科 入学定員 募集人員
商学部 商学科 245 5
経営学科 240 5
会計専門職プログラム(経営学科) 3
貿易学科 180 3
商学部第二部 商学科 165 5
会計専門職プログラム(商学部第二部) 2

スケジュール

出願期間

  •  8/22(火)~8/28(月)

試験日

  • 一次選考 9/6(水)
  • 二次選考 9/16(土)

合格発表

  • 一次合格 9/8(金)
  • 二次合格 9/22(金)

入学手続締切

  • 入学申込金締切 12/18(月)
  • 入学手続締切 3/9(金)

出願資格

専願制

  • 合格の場合は必ず入学することを条件とします。

商学科・経営学科・貿易学科・会計専門職プログラム(経営学科)

  1. 高等学校または中等教育学校を平成30年3月卒業見込みの者
  2. 公的資格一覧の1.~14.のうちいずれかを保有する者

商学部第二部商学科

  1. 高等学校または中等教育学校を平成26年3月以降に卒業した者、または平成30年3月卒業見込みの者
  2. 公的資格一覧の1.~16.のうちいずれかを保有する者

会計専門職プログラム(商学部第二部)

  1. 高等学校または中等教育学校を平成26年3月以降に卒業した者、または平成30年3月卒業見込みの者
  2. 公的資格一覧の1.~14.のうちいずれかを保有する者

公的資格一覧

  1. 全商会計実務検定合格者
  2. 日本商工会議所簿記検定1・2・3級、全国商業高等学校協会簿記実務検定1級合格者
  3. 販売士検定試験1・2・3級、全国商業高等学校協会商業経済検定1級合格者
  4. 応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、ITパスポート試験、全国商業高等学校協会情報処理検定1級合格者
  5. 実用英語技能検定1・準1・2・準2級、全国商業高等学校協会英語検定試験1級合格者
  6. TOEFL Internet-based test 48点以上、Paper-basedtest 460点以上の得点者
  7. TOEIC 520点以上の得点者(IPテストを除く)
  8. IELTS4.5以上の得点者
  9. 国連英検C級以上の合格者
  10. 日商PC(文書作成)検定試験1・2級合格者
  11. 日本漢字能力検定1・準1・2級合格者
  12. 日本商工会議所珠算能力検定1・2級合格者
  13. 秘書検定1・準1級合格者
  14. 実用数学技能検定1・準1・2級合格者
  15. 全商珠算・電卓実務検定ビジネス計算部門1級合格者
  16. 全商ビジネス文書実務検定ビジネス文書部門1合格者

AO入試の流れ

AO入試説明会 8/5(土)

  • オープンキャンパス開催日にAO入試の概要説明を行います。
  • 説明会への参加は、選考に関係ありません。

出願 8/22(火)~8/28(月) 一次検定料 10,000円

  • 入試要項を「インターネット出願専用サイト」でダウンロードし、出願内容を登録してください。
  • 登録完了後、入学検定料を納入し出願書類(資格取得証明書、自己推薦書、調査書、保有
    資格一覧表、写真)を郵送してください。

一次選考 9/6(水) ※来学の必要はありません

  • 資格の取得状況(客観的資料)、自己推薦書、調査書、保有資格一覧表などにより総合的に選考します。
  • 出願資格の公的資格に加え、生徒会会長、皆勤出席者、課外活動(文化系・体育系)における全国レベルの大会・コンクール等への出場や入賞歴など、提出された公的資料はすべて評価の対象とします。

一次選考合格発表 9/8(金) 二次検定料 22,000円

  • 合否の通知を郵送します。なお、一次選考合格者には「受験票(二次検定料振込用紙)」を同封します。

二次選考 9/16(土)

  • 面接と作文を行い、総合的な評価に基づいて選考します。

二次選考合格発表 9/22(金)

  • 合否の通知を郵送します。

第二・第三志望について

商学部・商学部第二部は下表のとおり第二志望として出願することができます。さらに、商学部第二部商学科に限り第三志望として出願することができます。

第一志望\第二志望 商学科 経営学科 貿易学科 会計専門職
プログラム
(経営学科)
商学部
第二部
商学科
会計専門職
プログラム
(商学部第二部)
商学科 × ×
経営学科 × ×
貿易学科 × ×
会計専門職
プログラム(経営学科)
× ×
会計専門職
プログラム
(商学部第二部)
× ○※ × ○※

※会計専門職プログラム(商学部第二部)を第一志望として、経営学科または会計専門職プログラム(経営学科)を第二志望として出願できるのは、高等学校または中等教育学校を平成30年3月卒業見込みの者に限ります。