B方式推薦入試


募集人員

収容定員の変更に伴う各学部の平成30年度入試制度別募集人員の変更について(2017.07.12)

学部 学科 入学定員 募集人員
経済学部 経済学科 460 15
産業経済学科 200 10
工学部 化学システム工学科 110 2
社会デザイン工学科 110 3

スケジュール

出願期間

試験日

  • 11/25(土)

合格発表

  • 12/5(火)

入学手続締切

  • 入学申込金締切 12/18(月)
  • 入学手続締切 3/9(金)

経済学部経済学科

出願資格

専願制

  • 合格の場合、必ず入学することを条件とします

高等学校または中等教育学校を平成30年3月卒業見込みの者で、次の1~3の各要件をすべて満たす者

  1. 全体の評定平均値3.7以上の者
  2. 高等学校において自主的かつ積極的に正課および課外活動をおこなっており、学習・部活動を問わず特定の分野において優れた実績と意欲を持つ者、あるいはバイタリティ、個性が豊かで人間的魅力のある者
    〔具体例〕

    1. 英語力、読解力、文章表現力、論理的思考力等に優れた点を持っている者
      • 日本英語検定協会の実用英語技能検定試験2級以上の者
      • TOEFL Internet-based test 45点、Paper-based test 450点程度の点が取れる者
      • GTEC for STUDENTS 520点、GTEC CBT 760点程度の点が取れる者
      • 英語、国語、数学等の成績が特に優れている者
    2. 生徒会や課外活動(文化系・体育系)等で優れたリーダーシップを発揮した者
    3. 課外活動(文化系・体育系)において著しい成績を収めた者
    4. 積極性に富み、また実行力を備えている者
      • 各種社会福祉施設での奉仕活動等のボランティア活動に参加している者
      • 海外生活経験者
  3. 出身高等学校長が推薦する者

選考方法

面接、作文(60分、字数は600字程度)、調査書等によって選考します。
なお、作文は段階評価をします。

経済学部 産業経済学科

出願資格

専願制

  • 合格の場合、必ず入学することを条件とします

高等学校または中等教育学校を平成27年3月以降に卒業した者および平成30年3月卒業見込みの者で、次の1~3の各要件をすべて満たす者

  1. 全体の評定平均値3.7以上の者、あるいは数学4科目(数学Ⅰ、数学A、数学Ⅱ、数学B)以上を履修し全体の評定平均値3.2以上の者
  2. 本学科のカリキュラム内容をよく理解し、経済社会問題に強い関心をもち、本学科における勉学に積極的に取り組む姿勢がある者
  3. 出身高等学校長が推薦する者

選考方法

面接、作文(60分、字数は600字程度)、調査書および志望理由書によって選考します。
なお、作文は段階評価をします。

工学部 化学システム工学科・社会デザイン工学科

出願資格

専願制

  • 合格の場合、必ず入学することを条件とします。

高等学校または中等教育学校を平成30年3月卒業見込みの者、および平成29年3月卒業者(ただし、前年度にA方式、B方式推薦入試を受験した者は同じ学科には出願できない)で、次のいずれかの要件(専門高校の工業に関する学科からの志願者については2、それ以外は1)を満たす者とし、出身高等学校長が推薦する者

  1. 全体の評定平均値3.5以上の者で以下のいずれかに該当する者
    1. ボランティア活動に従事し、著しい成果をあげた者
    2. 課外活動(文化系・体育系)において、都道府県レベル以上の各種コンクール、コンテスト、展覧会、大会等で上位の成績を収めた者、またはそれで著しくリーダーシップを発揮した者
    3. 生徒会活動において著しくリーダーシップを発揮した者
      ※上記のことを証明するため、推薦書(本学所定)に具体的な事項を詳細に記入し、客観的資料または証明書を出願時に提出してください。
  2. 全体の評定平均値4.3以上の者

選考方法

面接(100点)、小論文(60分、100点、字数は800字程度)および調査書により、総合的に選考します。

入学検定料

  • 32,000円

参考情報

平成29年度入試の面接においては、以下の要領で実施しました。

  • 経済学部 受験生3~4人に対し面接者3人でグループあたり30分程度
  • 工学部 受験生1人に対し面接者複数人で15分程度

関連する入試制度