福岡大学入試情報サイト

 

MENU

CLOSE

商学部


商学部は、大きく変化する社会的・経済的環境のもとで、商学研究を深化させ、研究成果を社会に還元することを教育研究の理念とする。この理念に基づき、商学の理論と実務能力をバランスよく身に付け、専門知識に裏付けられた明確な視点を持ち、問題発見と問題解決の総合力を備えた人材、高度に発展した社会の中で、考察力と判断力を有し、チャレンジ精神を持って行動できる人材、地域社会あるいは国際社会で活躍し、責任を果たし得るリーダーとなる人材を養成することを目的とする。

  • ニーズに対応したカリキュラム
  • 1年次から取り組む少人数でのゼミナール
  • 国際的コミュニケーション能力の重視・向上
  • 情報処理能力を徹底的に錬磨する
  • 第6期生を迎えた会計専門職プログラム

こちらも併せてご覧ください

  • アドミッション・ポリシー(近日掲載)は、各学科のページに掲載します。
  • 夢ナビ福岡大学の教員によるミニ講義  商学部open new window  すべての学部・学科open new window(夢ナビサイトが開きます)

学科

商学科

地域のビジネスリーダーを目指す、ゼミを主とした授業。3領域6分野から選択し、専門的にあるいは総合的に学ぶ。

商学科open new window(大学公式サイト)

 「商学」とは市場を中心に、消費者・企業・行政などが複雑に関係し合う現実のビジネスについて、そのメカニズムを解明しようとする学問です。このため本学科では学びに3領域6分野を設定しています。学生個々の目標に応じて専門的に、あるいは総合的に、1年次から4年間にわたるゼミでの学びや活動を通じてビジネスリーダーに不可欠な“観察・構想・実践”の能力を習得します。地域から経済を再活性化させる人材になることを目指します。

経営学科

目標は「会計がわかる経営人」「経営がわかる会計人」。高度な専門知識と思考力を身に付ける。

経営学科open new window(大学公式サイト)

本学科では「企業とは“ヒト・モノ・カネ”および“情報”の集合体である」ととらえ、それらを経営と会計の2分野からアプローチしてトータルに学習。高度な専門知識と思考力、その2つを駆使して問題を解決していく能力、およびマネジメントリーダーに不可欠な豊かな人間性を身に付けていきます。その目標とするのは「会計がわかる経営人」あるいは「経営がわかる会計人」になること。プロフェッショナルな経営者や起業家、公認会計士や税理士などの専門職を目指した、“目的意識”のある学びに取り組むことができます。

貿易学科

九州・福岡からアジア・世界へ。
グローバルに活躍する人材となるために。

貿易学科open new window(大学公式サイト)

 「高度なビジネス英語力を身に付け仕事に生かしたい」「貿易や金融などの国際ビジネスの場で実力を発揮したい」「九州と世界をつなぐ仕事をしてみたい」「アジアをはじめとする途上地域の経済発展に貢献したい」。本学科ではそのような目標を持つ学生たちへ、専門的な学びと実践的な英語教育を4年間を通じて提供。実務につながるスキルを身に付け、世界を舞台に活躍できる人材を育成します。

会計専門職プログラム(経営学科)

在学中に公認会計士、税理士などの資格試験合格を目指す福岡大学独自の会計プロフェッショナル養成プログラム。

会計専門職プログラム(経営学科)open new window(大学公式サイト)

 会計・財務関連業務の多様化やグローバル化に伴い、社会からは、高度な専門能力をもった会計専門家が求められています。この社会的ニーズに応えるために商学部・商学部第二部に設置されている「会計専門職プログラム」は、在学中に公認会計士・税理士などのハイレベルな資格試験に合格することを目指すプログラムです。2015年は5人、2016年は2人が公認会計士試験に在学中合格するなど、大きな実績を挙げています。
最大の特長は、公認会計士試験合格実績第1位の専門学校との提携による公認会計士受験対策講座を無料で受講できること。ダブルスクールの費用負担がありません。その他にも、本プログラム学生のみを対象とした基礎ゼミナールなど、合格をアシストする仕組みが整えられています。このようなフルサポート体制で難関資格試験合格が目指せるのは、全国でも本学の会計専門職プログラムだけです。
商学部伝統の会計学専門科目群と少人数のゼミナール教育。これに公認会計士受験対策講座を加えて理論と実践の両面から徹底的な会計教育を行い、“会計のプロフェッショナル”を育成します。