商学部第二部


社会人および働きながら学びたい人に勉学の場を提供

創設以来、多くの社会人に勉学の場を提供してきました。流通・金融、経営、会計、国際ビジネスの4コースのいずれかを選択することにより、興味や目的に合った分野を体系的かつ効率的に学習することができます。コースを修了した上で指定された資格・検定試験に合格すれば、単位が与えられる制度もあります。ゼミナールを履修したり、昼間の授業を受講することも可能です。また、教職課程では、商業、情報等、5種類の教員免許を取得することができます。学費は昼間部の約半額です。

アドミッションポリシー

商学部および商学部第二部は、人材養成の目的を達成するために、次のような意欲を持った学生を広く受け入れます。

  1. 地域に根差したビジネスリーダーを目指す人
  2. 人間性豊かなマネジメントリーダーを目指す人
  3. ビジネスマインドを持った国際教養人を目指す人
  4. 働きながら商学を学びキャリアアップを目指す人

また、その受け入れに当たっては、次のような点を特に重視します。

  1. 日本と世界の経済・社会問題に興味・関心を持ち、これらに関する幅広
    い知識を備えていること
  2. 自らの関心や意見を言葉や数字などを使って的確に表現できること

さらに、商学部および商学部第二部での学修のためには、高校までの課程で、次のような点に留意して、勉学に励むことが求められます。

  1. 高等学校で基本とされる教科を幅広く、着実に学んでいること
  2. 現代社会およびその他の社会科の科目(地理や世界史、日本史、政治・経済)を深く学んでいること、基礎的な数学の力および語学力を身に付けていること
  3. 商学系の高校やコースでは、簿記・会計やマーケティング・商業などの基礎をしっかりと学んでいること

学科

商学科

働きながら学ぶ。学びをすぐに実践に生かせる。その積み重ねが、キャリアアップにつながっていく。

商学科open new window(大学公式サイト)

 商学部第二部には、高校を卒業したばかりの学生はもちろん、昼間は社会人として働いている人や家庭の主婦など、多様な人々が共に学んでいます。その目標は「自分を磨いてキャリアアップしたい」や「資格を取得したい」、「大学院に進学したい」や「学費を考慮して」など明確であり、誰もが高い向学心を持っているのが大きな特色です。それだけに授業に取り組む姿勢は常に意欲的です。また境遇や年齢が異なるクラスメートとの触れ合いが、視野を広げ価値観を磨いてくれます。自立した学生生活を目指す人、1日24時間、時間を有意義に使いたい人は商学部第二部へ。その熱い思いを私たちは強くサポートします。

このような方におすすめ

  • 自立した学生生活を送りたい。
  • 24時間を有意義に使いたい。
  • 流通・金融、経営学、会計学、国際ビジネスを体系的に学んで仕事とキャリアアップに役立てたい。
  • 生涯学習の場を求めたい。

会計専門職プログラム(商学部第二部商学科)

在学中に公認会計士、税理士などの資格試験合格を目指す福岡大学独自の会計プロフェッショナル養成プログラム。

会計専門職プログラムopen new window(大学公式サイト)

 会計・財務関連業務の多様化やグローバル化に伴い、社会からは、高度な専門能力をもった会計専門家が求められています。この社会的ニーズに応えるために商学部・商学部第二部に設置されている「会計専門職プログラム」は、在学中に公認会計士・税理士などのハイレベルな資格試験に合格することを目指すプログラムです。2015年は在学生5人が公認会計士試験に合格するなど、大きな実績を挙げています。
最大の特長は、公認会計士試験合格実績第1位の専門学校との提携による公認会計士受験対策講座を無料で受講できること。ダブルスクールの費用負担がありません。その他にも、本プログラム学生のみを対象とした基礎ゼミナールなど、合格をアシストする仕組みが整えられています。このようなフルサポート体制で難関資格試験合格が目指せるのは、全国でも本学の会計専門職プログラムだけです。
商学部伝統の会計学専門科目群と少人数のゼミナール教育。これに公認会計士受験対策講座を加えて理論と実践の両面から徹底的な会計教育を行い、“会計のプロフェッショナル”を育成します。

このような方におすすめ

  • 公認会計士や税理士などの「会計のプロフェッショナル」に絶対なりたい。
  • 将来を見据え、勉学に打ち込みたい。