福岡大学入試情報サイト

 

MENU

CLOSE

健康運動科学科


学部・学科 > スポーツ科学部 > 健康運動科学科

運動と健康に関する分野を科学的・実践的に学び、第一線で活躍する研究者や指導者への道を開く。

学科のポイント

健康運動科学科では学生自身がスポーツとレクリエーションを実践しながら、心身の健康維持や増進、回復の理論と技術を学びます。スポーツ科学科と比較した場合、“運動による心身の健康づくり”を重視しているところが特徴です。
生活に密接な運動と健康づくりを科学的に学習すると同時に、現場での実習や企業・地域公共施設と連携した実務教育を展開。スポーツ医科学や生涯スポーツの最前線で活躍するハイレベルな研究者や指導者を育成します。

もっと詳しく(学問の解説・カリキュラムなど)open new window(大学公式サイト)

このような方におすすめ

  • レクリエーションや健康運動の指導者・研究者になりたい。
  • 保健体育教諭を目指したい。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

養成する人材像・教育課程の特色

健康運動科学科は、心身の健康の回復や保持増進を目指した医科学分野の知識を有し、創造的・実践的な指導ができる人材を養成することを目的としています。そのために、健康運動・レクリエーションに関する理論と実践を統合した教育科目を体系的に配し、学生の興味・関心及び卒業後の進路に対応した3つのコースを用意しています。健康運動関連資格取得を目指す健康運動指導者コース、現役で中学校・高等学校の保健体育教員採用試験合格を目指すための保健体育教員コース、地域社会における幅広いスポーツ指導者として活躍するための生涯スポーツ教育コースがあり、多様な社会ニーズに対応した健康運動科学の在り方を探求しています。

求める人材像(求める能力)

  • 知識・理解
    生涯スポーツを科学的に捉えるための基礎学力を有している人
  • 技能
    生涯スポーツの経験を有し、健康の回復や保持増進について科学的に分析できる人
  • 態度・志向性
    スポーツの場面以外でも、スポーツの精神を体現化し、スポーツの素晴らしさを伝えたいと考える人
  • その他の能力・資質
    学校生活全般でリーダーシップ・コミュニケーション能力を発揮した人や英語資格の取得等に努めた人

入学者選抜のねらい

健康運動科学科では、生涯スポーツの実践経験と高等学校までの学びを融合させ、健康の回復や保持増進を目的とするスポーツ科学の発展に寄与しようとする人材を広く受け入れます。
そのため、これまでに培われた学力、活動や経験を通じて身につけた能力、資質、学ぶ意欲などを、多面的・総合的に評価する多様な入学試験を実施します。

もっと詳しく(求める人材像・入学試験での評価など)open new window

実施する入試制度

募集人員や、他の学部・学科で実施する入試制度は、入試制度(学部学科別)をご覧ください。

パンフレット

学部ガイド・入試ガイド・大学案内など、パンフレットは大学パンフレットからダウンロードできます。

ミニ講義ビデオ

夢ナビ福岡大学教員によるミニ講座や夢ナビWebでの模擬内容の閲覧のほか、講義ビデオや教員からのメッセージビデオを視聴いただけます。

学問分野紹介コラム

このコラムは学問分野(法学、機械工学、薬学などの◯◯学)と近年話題になったキーワードを関連付けた読み物です。

このような方におすすめ

  • 日々の生活で興味関心のあるものが学問分野とどう関わるのかを知りたい
  • まずは学部・学科のイメージを知りたい

コラムを読んで、詳しく知りたい学問分野や学部・学科ができた方は学科のポイントや、学部ガイド(パンフレット)などをご覧ください。

※コラムを読む前に以下にご注意ください
福岡大学で学べる学問分野をもとにコラムを制作していますが、コラムの内容が実際に福岡大学で学べる内容とは限りません。話題になったキーワードと学問分野の関わりを紹介したコラムとしてご覧ください。

スポーツ健康科学×バブル

見て笑顔!踊って健康!ダンス効果を分析

見て笑顔!踊って健康!ダンス効果を分析

2008年3月、中学校学習指導要領の改定でダンスが必修科目となり、「創作ダンス」「フォークダンス」「現代的なリズムのダンス」が中学校保健体育では教えられています。それから10年、ダンスを楽しむことが身近になり、エンターテインメントの世界でも、ダンスから火が付いてブームになったものがたくさんあります。例えば、2017年に女子高生がバブルファッションに身を包んで踊ったバブリーダンス。高校生だけでなく、老若男女問わず多くの人がこのバブリーダンスを見たりまねたりして社会的なブームを巻き起こしました。そんなダンスには、スポーツとして筋力や持久力の向上など運動機能を高めるだけでなく、振りを覚える記憶力の強化、互いを気遣う姿勢やチームワークの向上も期待できます。またダンスは、見るだけでも笑顔を引き出したり高揚感を与えたりなど心のケアに有効とされています。このようにダンスの持つ身体および精神的な健康効果を分析し、健康上のメリットを見いだす「スポーツ健康科学」は、健康寿命を延ばす学問として注目されています。

 

▽参照元

・文部科学省 武道・ダンス必修化ページより

・YOMIURI ONLINE(読売新聞サイト)より


バブルに関連するコラム

 

バブル期メーク再来の陰に、マイクロバブルの恩恵あり

スポーツ健康科学×少子高齢化

生きがいづくりが健康寿命を延ばす!

生きがいづくりが健康寿命を延ばす!

長寿の国として知られる日本。今や65歳以上の割合が総人口の27.7%(2017年)を占め、過去最高となっています。高齢者率が増加する中、長い人生をどのように生きるかが課題となります。元気に日常生活を送れる健康寿命を延ばすためには、健康な体づくりと趣味などが必要です。内閣府による「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査(2013年)」では、高齢者世代は、趣味やスポーツに熱中しているときや家族・友人との触れ合いに生きがいを感じると答える人が多いという結果が出ています。実際、体を動かすことで「楽しみ」や「気晴らし」「コミュニケーション」など体も心もすっきりします。各地域でも高齢者の体力づくりやコミュニティーづくりをサポートするスポーツ事業が増えています。そんなスポーツと心身の関係を多角的に学ぶのが、「スポーツ健康科学」。一人一人に合った運動プログラムが必要とされる時代に専門的に提案、サポートする健康運動指導士の需要が現在、増加しています。スポーツ健康科学はまさに長寿大国が目指す生涯スポーツ社会の実現に必要な学問なのです。

 

▽参照元

・厚生労働省提供『高齢者の生きがいづくり』(PDF)

・内閣府公式サイト 平成29年版高齢社会白書(全体版)(PDF版)

・総務省提供『統計トピックスNo.103 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)』(PDF)


少子高齢化に関連するコラム

 

少子高齢化が進む日本のこれから

来るべき看護師不足の時代を生き抜くには…!

人口現象の考察と解明に不可欠な数理モデル

体育学×WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

選手寿命を考えたドミニカ野球に指導法を学ぶ!

選手寿命を考えたドミニカ野球に指導法を学ぶ!

2018年の春。チームの勝利に貢献し、メジャーと日本のファンを沸かせている大谷翔平選手ですが、WBC2017当時はケガで日本代表を外れた経歴があります。このように、スポーツ選手にとってケガや故障はつきもの。学童野球においても、投球時の過度な負担が原因で起こる「野球肘」など、故障を原因に辞める子どもが少なくありません。しかしメジャーリーガーを多数輩出しているドミニカ共和国では、日本と同様に野球を楽しむ子どもが多いにもかかわらず、野球肘の発症がほぼ見られないという検査結果が出ています。ドミニカ野球では、将来メジャーリーガーとして活躍する選手を育成するために、その場だけの指導ではなく長期的な視点で野球指導が行われているといいます。何よりも選手の体を第一に考え、1日の投球数や体を休める日数を徹底的に管理して無理のない練習を実施しているのだそうです。彼らには、「ケガをさせないために指導者がいる」という考え方が根底にあるのです。このドミニカ野球のように、選手のスポーツ能力や将来性を一番に考える最高の指導者を育成する学問が「体育学」。今後の日本のスポーツ界を支える、重要な学問といえます。

 

▼その他、体育学×WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に該当する学科

スポーツ科学科

 

▽参照元

・毎日新聞公式サイトより


体育学×AI(人工知能)

トップアスリートの心を読みとく!?次世代の指導法!

トップアスリートの心を読みとく!?次世代の指導法!

見る人に興奮と感動を与えるスポーツ。現在、記録の樹立やパフォーマンス精度を上げるため、「AI(人工知能)」を駆使してスポーツの可能性をさらに広げる動きがあります。それは、AIの優れた分析力を生かしてレジェンド選手の知見や思考を多くの人にもたらそうというものです。これまでもトップアスリートの強さをひもとくため、フォームなど技術面のあらゆるデータの蓄積と解析が行われてきました。現代は「直感」や「経験」といった主観的な要素についても、試合中の選手の思考回路、判断基準、心理面などの部分を読みとくAIの技術が加わり、その結果を元にトップアスリートを育て上げるシミュレーション指導が行えるようになったのです。これにより、レジェンドたちに会うことができなかった大多数の人も、まるで彼らから直接助言をもらうようにパフォーマンス向上のための気づきを得ることができるのです。このように、選手のパフォーマンス向上のために、体育の理論はもとよりコーチングやトレーニング理論を追究するのが「体育学」。今後はこのAIを自在に活用し、スポーツの発展に貢献できる指導者が求められています。

 

▼その他、体育学×AI(人工知能)に該当する学科

スポーツ科学科

 

▽参照元

・日本経済新聞公式サイトより


AI(人工知能)に関連するコラム

 

医療AIと医師は掛け算でうまくいく⁉

AIの進化を支える、新たな法学者が求められている!

興味のあるキーワードから探すに戻る